ニュース&トピックス

News and Topics

  • ホーム > 
  • ニュース&トピックス > 
  • コラム > 
  • 債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える!BtoCビジネスを成功に導く『債権回収』vol.27 電話で許される督促行為の強度について その②

債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える!BtoCビジネスを成功に導く『債権回収』vol.27 電話で許される督促行為の強度について その②

(その①の続きです!)

まず、第21条第1号は、正当な理由なく、早朝・深夜の電話・ファックスの送信・
債務者等の居宅への訪問を禁止しています。
この規定により、早朝・夜間の電話(午前8時前及び午後9時以降)・
FAX・訪問による取立ては禁止されます。

次に、第21条第2号は、債務者が弁済する時期や連絡する時間帯を申し出ており、
債務者側の連絡等の内容が不相当であるとか、
他に電話等をする正当な理由がない限り、早朝・夜間以外の時間帯においても、
電話、FAX、訪問すべての手段による取立てを禁止しています。

債務者から「今手が離せないので、夕方17時ころに電話ください」とか、
「今週末までに必ず支払います」という申し出があった場合は、
そのときまでの督促は控えるべきです。

ただし、「今忙しいからかけなおす!」と言って
切電された場合(具体的な連絡時期が示されていない)や、
何度連絡しても「明日連絡する!」と言われるものの、
結局毎回電話がつながらない場合などは、正当な理由があるとして、
さらなる督促行為も許されると考えられます。

また、(いまは2月であるケースで)「夏のボーナスが入ったら支払う」などと、
本来の返済期限を大幅に経過する弁済の申し出に対しても、
さらなる督促行為を行って問題ないと言えるでしょう。

本日はここまでとします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JPDEC)より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

法律相談

当事務所では、依頼者のために闘う弁護士がいるということを広く認知していただくため、法律相談料30分5,500円で応じております。まずは扉を開けて、気軽に悩みを我々にご相談ください。

法律相談料30分5,500円平日夜間 (~21時まで)土曜日 (10時~19時まで)

法律相談申し込み »