ニュース&トピックス

News and Topics

弁護士堀鉄平の交渉の奥義!”技の参拾捌” その②

(その①の続きです!)

そこで、私は、交渉のテーブルについてもらうために、
督促状を無視する相手に対して、文面を変えた督促状を送ることにしました。

「分割払いなど話し合いに応じますので、まずはご連絡ください」
というように、「怖くないですよ」「払わないからといって、
煮て食うというわけではないですよ」というニュアンスに変えて送り直しました。

そうすると、安心した相手から、結構な確率で連絡してくるものです。

このように、交渉の土台に乗らない相手に対しては、
「怖くない」ということを伝えて、交渉の場に出てきてもらうことを重視すべきなのです。

まずは、我慢すること

日常生活でも、例えば、恋人と喧嘩をしてしまった場合、
こちらが怒っていると思えば、相手はなかなか連絡しづらいものです。

特に喧嘩の原因が自分にあると認識している場合は、怒っている恋人に連絡をすると、
余計に怒られるのではないか?とか、これを機に振られてしまうのではないか?など、
不安で連絡ができなくなります。

そこで、「怒ってないよ」ということを暗に示す必要があるのです。
ところで、このように「怒っていない」ことを伝えて
交渉のテーブルに出てきてもらった相手に対して、どのように交渉を仕掛けていけばよいでしょうか。

やっと交渉の場に引きずり出せたということで、
こちらの主張をまくしたてたくなるところですが、ここは我慢してください。
というのは、交渉の場に出てきた相手は、いわば恐る恐る出てきた人たちであり、
こちらが正論をまくし立ててみても、
「自分が悪いのは分かっているが…無理なものは無理です」と開き直ったり、
また逃げ出してしまう可能性が高いのです。

そこで、ここでの交渉は、こちらは黙る、相手の言い分を聞くということを徹底してください。
黙るというのはある意味不気味です。

相手の心理は、「怒ってはいないようで安心した。許してくれそうだが、
さすがにこれくらいは提案しないとまずいかな」とか、
「自分から自白しないと心証が悪くなるのではないか?」などと、
不安を募らせ、「10万円であれば支払います」と自爆してくれるものです。

浮気の疑いのある夫を交渉のテーブルにつかせた際も、
この作戦を遂行してみましょう。

「今後は門限22時を守ります」など、自ら提案させればしめたものです。

それでは、今回はこのあたりで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JPDEC)より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

法律相談

当事務所では、依頼者のために闘う弁護士がいるということを広く認知していただくため、法律相談料30分5,500円で応じております。まずは扉を開けて、気軽に悩みを我々にご相談ください。

法律相談料30分5,500円平日夜間 (~21時まで)土曜日 (10時~19時まで)

法律相談申し込み »