ニュース&トピックス

News and Topics

  • ホーム > 
  • ニュース&トピックス > 
  • コラム > 
  • 債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える!BtoCビジネスを成功に導く『債権回収』vol.28 禁止されている督促手法について その②

債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える!BtoCビジネスを成功に導く『債権回収』vol.28 禁止されている督促手法について その②

(その①の続きです!)

・第三者への弁済要求等の禁止(同7号、8号)
貸金業法21条1項7号は、貸金業者等が、債務者の家族や親族、友人・知人、
勤務先以外の者に対し、債務者が払わないから代わりに支払ってほしい、
等と要求することは禁止されています。

第三者には返済義務がない上、家族や勤務先などへの返済要求は、
債務者本人の精神・心理を圧迫・強迫する取り立てとなり得るからです。

また、債務者の家族や勤務先などが、貸金業者に対する協力を拒否している場合に、
さらに貸金業者が債務者の家族や勤務先などに
取り立てに協力することを要求することは、同8号で禁止されています。
貸金業者が、家族や勤務先に対して、
債務者の連絡先を知らせることを強要することはできないのです。

・弁護士等からの受任通知受領後の取り立て行為の禁止(同9号)
貸金業法21条1項9号は、弁護士などが債務整理に関する通知を出し、
貸金業者がこれを受け取った場合等において、債権者が正当な理由なく、
債務者本人に取り立てを行ってはならない旨定めています。

・上記言動をすることを告げることの禁止(同10号)
以上に述べてきた各行為は、債務者を類型的に圧迫する行為である等の理由で、
禁止されています。

そして、実際に貸金業者がそれらの行為をしないまでも、
これらの行為をするぞ、と脅すだけで、債務者は精神的・心理的な窮地にたたされます。
そこで、貸金業法21条1項10号は、債務者等に対し、
これらの行為をするぞ、と告げること自体も禁止しています。

そのため、たとえば、
「勤務先に押仕掛けて、支払ってくれるまで帰らないからな!」等と
債務者に告げるのは、第3号で禁止された行為を告げる行為ですから、
同10号で禁止されます。

本日はここまでとします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JPDEC)より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

法律相談

当事務所では、依頼者のために闘う弁護士がいるということを広く認知していただくため、法律相談料30分5,500円で応じております。まずは扉を開けて、気軽に悩みを我々にご相談ください。

法律相談料30分5,500円平日夜間 (~21時まで)土曜日 (10時~19時まで)

法律相談申し込み »