ニュース&トピックス

News and Topics

弁護士堀鉄平の交渉の奥義!”ID その真髄と活用” その②

(その①の続きです!)

例えば、男らしいワイルドな性格の男性を好む女性に対しては、
アプローチするメールは最低限にして、メールの内容も用件だけの簡潔なものにすべきでしょう。

この型の女性に対して、女性側に興味のない話を長々とメールで送りつけたり、
返信のない女性に対して「メールは読んでくれたかな?」などと催促するのは愚の骨頂です。
「女々しい人だわ」と一蹴されても文句は言えません。

ようやくデートの約束が取り付けられたとして、まだデートまで二週間も前であるにもかかわらず、
「○○さんの好きなイタリアンのお店を予約しましたよ!」と
準備万端・やる気満々であることをアピールしてはいけません。
この型の女性は、男性にマメさは求めていないのです。

デートのお店の予約は、前日か、もしくは当日に行き当たりばったりで
考えるくらいの大胆さがかえってプラスに働きます。

他方で、優しくてマメな男性を好む女性に対しては、真逆の対応を取ることになります。
メールもマメにすべきですし、文章もしっかり考えてから送りましょう。
デートで予約する店にも事前に下見に行くくらいがちょうどよいです。

帰り際には、重荷にならないくらいのお土産を手渡しつつ、
タクシーに乗車させて見送るのがベストです
(タクシー代まで渡すべきかは、あなたの気持ち次第でしょう)。

その他の型の女性に対しても、それ相応の交渉のやり方がありますし、
その場の状況や本人同士の相性、年齢差、収入差等で戦略は変わってきますが、
要するに、「何となく口説く」のではなく、データや根拠に基づいて交渉・駆け引きをする方が、
うまくいく確率が高まるということです。

野村監督が長い間キャッチャーをしていて、
最も怖い相手だというのが先に述べましたD型(=球種にヤマを張る打者)ということでした。

ヤマには根拠がないからだそうです。
恋愛においては、直観で選ぶ女性にはどうしようもないということかもしれません。

それでは、今回はこのあたりで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JPDEC)より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

法律相談

当事務所では、依頼者のために闘う弁護士がいるということを広く認知していただくため、法律相談料30分5,500円で応じております。まずは扉を開けて、気軽に悩みを我々にご相談ください。

法律相談料30分5,500円平日夜間 (~21時まで)土曜日 (10時~19時まで)

法律相談申し込み »