ニュース&トピックス

News and Topics

  • ホーム > 
  • ニュース&トピックス > 
  • コラム > 
  • 債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える、BtoCビジネスを成功に導く「債権回収」~本当に現場で使える少額債権回収のノウハウ・ドゥハウ~ vol.1 

債権回収の第一人者!堀鉄平弁護士が教える、BtoCビジネスを成功に導く「債権回収」~本当に現場で使える少額債権回収のノウハウ・ドゥハウ~ vol.1 

債権回収の第一人者!
堀鉄平弁護士が教える、BtoCビジネスを成功に導く「債権回収」
~本当に現場で使える少額債権回収のノウハウ・ドゥハウ~ vol.1

こんにちは。
弁護士法人Martial Artsの弁護士の堀鉄平です。

当法人は、代表である私が2009年3月に設立し、
今期で7年目となります。

弁護士法人は弁護士10名(12月に入所予定の司法修習生含む)を
擁し、その他専門家(不動産コンサルティングマスター、
宅建主任者など不動産のプロを抱えています)や
一般職員(弁護士秘書のほか、債権回収専門の
コールセンターを有しています)合わせて
総勢70名程度のグループ企業の母体です。

私たちは債権回収の分野における第一人者と自負しており、
主なクライアントは、大手の通信キャリア、通販事業者で、
携帯電話の通信債権や化粧品等の後払い決済に基づく未収債権
(債権単価3000円~10万円以内のいわゆる少額債権です)の
回収において相当程度の経験とノウハウを有しています。

債権回収を専門分野や得意分野とする
弁護士・司法書士は多数いらっしゃいますし、
債権回収に関する書籍も多数出版されています。

しかしながら、そこでいう「債権回収」とは、ある程度金額が大きく、
任意での支払い交渉がまとまらなければ、
当然に訴訟や差押などの法的手続きに移行することを
想定しているものがほとんどであり、
数千円から数万円程度の少額債権についての
「債権回収」についてはほとんど意識されていませんでした。

そこで、BtoCビジネスを展開する企業(主に通販事業者様)の
現場担当者の方が、このような少額債権回収について
どのように取り組んでいくべきかについて、
連載させていただきたいと存じます。

連載のスケジュールとしましては、大きく分けて、
・自社回収手続
・第三者への回収委託
・法的措置
の3段階となっています。
実際に督促する流れもこの順序に従うことになります。

当然、自社で回収してしまえば、
第三者への委託は不要ですのでコストを削減できますし、
初期の段階で回収した方が回収率も高くなります。

逆に、法的措置まで進んでしまえば、
費用対効果の採算は取れず、回収率も期待できません。
次回から早速自社回収手続きのポイントを解説していきますが、
このような理由で最初からとても重要な話になりますので
楽しみにしてください。

それでは、今回はここまでとします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
*         *         *         *

次回より、具体的に少額債権回収の
ノウハウ・ドゥハウを掲載していきます。

是非お楽しみに!!

 

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JPDEC)より個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

法律相談

当事務所では、依頼者のために闘う弁護士がいるということを広く認知していただくため、法律相談料30分5,000円で応じております。まずは扉を開けて、気軽に悩みを我々にご相談ください。

法律相談料30分5,000円平日夜間 (~21時まで)土曜日 (10時~19時まで)

法律相談申し込み »